読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙人ママ"サントリーニ"の日常

たまに宇宙と交信しちゃう、不思議ちゃんママの日常です。

「助けて」と言える勇気

夫、昨日は出勤しましたがそれで風邪が悪化して本日は欠勤。

 

…といっても、熱はなくてちょっと鼻水と咳が出るぐらい。

結婚した当初はその程度の症状で仕事休む事にびっくりしました。 

今までの私なら絶対にありえない!微熱ぐらいなら薬飲んで仕事行くもん。

でも、そういう「自分にも他人にも厳しい」考えって、これからの時代に合わないのかも。

 

今の就活生も企業に求める事は「ライフワークバランス」らしい。

数年前の私なら、「新人のクセに何甘えたことを!!」と憤慨しそうなもんですが、そうやって自分を追い込んだ結果、身体も心も壊してしまったしね…。

 

以前、うちの上司が奥さんと幼い娘さんが2人とも体調を崩して、近くに頼る人もいないから看護のために欠勤したら、他の社員は非難轟々。

「私が奥さんなら、そんな旦那を仕事休ませないで自分でなんとかする!」と憤慨する女性人達。

 

確かに私も上司奥さんの立場なら、夫には仕事に行ってもらって自分一人で頑張っちゃうかも。

でも、なんか違うような…と一人思いました。

 

確かに職場には迷惑が掛かるかもしれないけど、ちゃんとした会社なら一人休んだぐらいでは何とか仕事はまわせる。

 

これからの世の中、今までみたいに歯を食いしばって頑張るんじゃなくて、もっと各々皆んなが自分のペースで穏やかに幸せを噛み締めて生活していくようになるんじゃないかな?

 

 

なんて事を考えていたら、

 

「色んな感情をしっかりと感じ、それを無視しないように。」

 

と言われた。

 

弱さ・辛さをちゃんと訴えられて、ちゃんと「助けて」と言えるようになるのが、これからの私の課題なのかもしれない。

 

そして、それを分からせるために全くタイプの違う人と縁あって結婚したんだろうなぁーって最近思います。