読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙人ママ"サントリーニ"の日常

たまに宇宙と交信しちゃう、不思議ちゃんママの日常です。

誰の声!?

息子、生後3ヶ月にしてまさかの風邪っぴき。

そのため、当たり前だがここ数日機嫌が悪い。

 

しかし我が息子、世に言う「手がかからない」赤ちゃん。

 

妊娠中は仕事していたけど、トラブルなし。

お父さんのいる土曜日に、教科書通りの安産で産まれてくる。

新生児の頃から、夜はよく寝る。

おっぱいもたくさん飲んでくれるので、成長曲線のど真ん中まっしぐら。

そして、周りからは「表情が豊かだね〜」とお褒めいただく。

 

むしろ、今までがいい子ちゃん過ぎたんだから、今回の風邪はそんな息子が甘えるためのチャンスを与えてくれているみたいだと思った。

…というか私の不注意だひかせてしまったので、本当に申し訳ない思いしかない。

 

 

そんなことをぼんやり考えながら、早朝ぐずる息子を抱っこでなだめていたら

 

「彼は光の使者だからね。」

 

という声がした。

 

 

「あっ、そうなんだー。…ってか今の誰!?」

と、思った時には声は聞こえず…。

 

たまにあるんです…。

こんな電波な不思議体験…。

 

 

前の職場でも連日の激務で、おそらく心身ともに限界を超えていた時も、「でも私が辞めたら迷惑がかかるし…」と踏ん張っていたら、突然

 

「もう、やめて!!」

 

と、誰かが頭の中で叫んできて。

お陰であんなに辞めるのを渋っていた会社を退職するキッカケとなりました。

 

そして、業績がうなぎ登りだった会社は、私が辞めて暫くしてから、落ち込んでいったという。

周りからも「本当にいい時に辞めたね!」と言われる始末。

 

 

たまに、直接語りかけられるこの声。

いったい何者なのか!?

 

とりあえず、息子は神様が何かの預かり物。

むしろ、すべての子どもがそうなんだと思う。

 

私は息子が周りに気兼ねしたり遠慮しないで、のびのびと彼らしく育っていけるよう、環境だけ整えて見守ってあげようと思った。